【中古ドメイン購入】SUPER OLD DOMAINS|高品質ドメインを提供 > コラム  > 【検索上位獲得?!】検索エンジンの仕組みとは

【検索上位獲得?!】検索エンジンの仕組みとは

検索エンジンやクローラーとインデックスについて
 

 

「検索エンジン」とは?

検索エンジンとは、世界中のインターネット上に存在する
WEBサイト・ページや画像・動画ファイル等を
WEB上に表示してくれるシステムのことを言います。
 
私たちがパソコンやスマホから
GoogleやYahoo!等の検索エンジンを利用して、
関心のある事柄や調べたい情報等について検索窓にキーワードを入力・検索をし、
検索結果として求めていた情報があたりまえのように表示されますが、
実はその裏側には私たち検索ユーザーが求めている情報が見れるようにと、
検索エンジンがデータベースという情報を収納している棚のようなモノから
検索ユーザーが求める情報に該当・関連するモノを引っ張り出し、
「検索結果」として表示される仕組みになっています。
 
 
検索ユーザーがキーワードを検索したときの情報が表示されるまでの仕組みについて
 
 
また、上記の仕組みから更に「データベース」へ情報を集める、
クローラーというモノも存在します。
 
 

「クローラー」とは?

Crawler(クローラー)とは、
WEB上にある文書や画像(altタグで画像の内容を記述している画像)等、
世界中のWEBページを自動的に巡回して情報を取得し、
得た情報をデータベース化するロボットのようなことを言います。
 
例えば、親分である検索エンジンが子分のクローラー達を世界中のWEBページへと放ち、
子分であるクローラーへ情報を集めるように命令をします。
クローラー達はその命令に従って、世界中のいろんなところから情報を集めていき、
集めた情報を検索エンジンに持ち帰ります。
 
 
検索エンジンとクローラー間にある仕組みについて
 
 
検索エンジンはクローラー達が持ち帰ってきた情報を、
検索エンジンの中に組み込まれた複雑な算出方法を行う
「Algorithm(アルゴリズム)」というプログラムを使用して、
検索ユーザーが求めている情報をなるべく早く検索ユーザー側へ情報提供できるよう、
扱いやすい形に変換・分類した上で、
データベースという棚へ収納(データベースへ登録)していきます。
 
このように、検索エンジンが整理整頓をすることで、
例えば、私たち検索ユーザーが「パン」について検索すると、
データベースにある多数ある情報の中から瞬時に「パン」の情報を取り出すことができ、
私たち検索ユーザー側は何不自由なく、
求めている情報に対する情報を迅速に見ることができます。
 
 
検索エンジンがデータベースに情報を分別と整理をしているイメージ図
 
 

「インデックス化」または「インデックスする」とは?

これらの一連の流れから、
クローラーが持ち帰ってきた情報を検索エンジンがデータベースへ登録することを、
「インデックス化」または「インデックスする」と言います。
 
逆にクローラーに情報を収集されなければ検索エンジンに認識すらしてもらえず、
検索エンジンは情報を求める検索ユーザー側へ情報を送ることができない、
つまり「インデックスされていない」という良くない状態に陥ってしまいます。
 
例えば、あなたが作ったサイト上で記事を書いて世界中に公開したつもりでも、
そのWEBページがインデックスされなければ、検索結果表示の対象外となり、
「検索結果上に表示されない = 誰にも見られることなく自己満足に終わってしまう」
ということになります。
 
そのため、「インデックスする」ということは、
SEO効果を求めるにあたって重要なポイントの1つなのです。
 
 

インデックスされている・されていないかの確認方法について

インデックスがされているかの確認はとても簡単で、
検索ボックスに「site:ドメイン名」を入力して、検索をかけるだけになります。
※「wwwあり」での運用を行っている場合は
 (例)site:www.thefelsennetwork.com で検索して下さい。

 
すると、以下のような検索結果が出てきた場合は、
「インデックスされている」ということになり、
逆にインデックスされていない場合は検索結果に表示されていない状況になります。
 
 
インデックスされている場合とされていない場合
 
 

Tags: