ザンワーズに中古ドメイン依頼する3つの特徴

なぜ、SEO検索上位サイト運営者は、ザンワーズを選ぶのか。
多くの中古ドメイン会社と、ザンワーズの違いと一体何なのでしょう。

特徴1 時間の短縮が可能

時間の短縮、余った時間を有効利用できます!

中古ドメインの発掘、調査、精査に無駄な時間を費やしていませんか?

【中古ドメインの取得での困りごと】
・ 自分で調査・精査する時間がない
・ 手間がかかる
・ 欲しいスペックが見つかりづらい

そんな面倒な作業はすべてお任せ下さい!

特徴2 運用時に最適なドメインを提供

お客様と同じ立場で最適な中古ドメインをご提案します!

弊社にもSEO対策部門がございます。SEO対策部門では、法人様向けのSEO対策をご提供し、
また自社のメディアサイトの運営でも、アフィリエイトで月1000万円以上を売り上げる規模で展開しています。

そんな弊社がSEO対策で結果を出すために、どのような中古ドメインを利用すれば良いのか、中古ドメインとどう向き合えば良いのか、何年も考え続けた結論がこちら。

結論1 中古ドメインが検索エンジンにキャッシュされたら、仕事をしていると判断しましょう。
結論2 キャッシュされる中古ドメインをリーズナブルな価格で購入できたら良しとしましょう。
結論3 価格優先で、見栄えにこだわるのは、「ほどほど」にいたしましょう。
結論4 中古ドメインの面倒な発掘、調査、精査は、業者に任せてしまいましょう。

ザンワーズの強みは、実際にSEOアフィリエイトで生計を立てている立場にあるということ。
お客様と同じ立場で、中古ドメインのいち利用者として、ご提案いたします。

特徴3 ハイスペック中古ドメイン

選りすぐりのハイスペック中古ドメインを納品します!

1.中古ドメインの有効期限は納品日より365日、丸一年間とさせて頂きます。
2.万が一、納品ドメインがキャッシュされない場合は、ご連絡頂けましたら

同等スペックのドメインを無償にて補填いたします。

5つの審査基準をクリアした、厳選された中古ドメインの中から、
リクエストの多い、人気のスペックを商品化して、ラインナップを取り揃え。

審査1 キャッシュされる中古ドメインを事前に精査!
審査2 スパムチェックを実施。以前の利用者がスパマーではない事を確認!
審査3 世の中に無数に存在する商標ワードをチェックし、納品ドメインから除外!
審査4 無数に存在するアダルト系のワードもチェックし、納品ドメインから除外!
審査5 中古ドメインマイスターによる、被リンクの目視確認を実施!

月間500万個以上の中古ドメインを精査し、その中から選りすぐりのハイスペック中古ドメインを納品。
おかげさまで、お客様に選ばれ続け、6年間で累計73,000個突破!

リーズナブルに仕事をしてくれる中古ドメインをご提案いたします。

さらに安心の2つの保証

1.中古ドメインの有効期限は納品日より365日、丸一年間とさせて頂きます。
2.万が一、納品ドメインがキャッシュされない場合は、ご連絡頂けましたら、同等スペックのドメインを無償にて補填いたします。

【中古ドメインの注意点】
  • 中古ドメインには、使ってみないと効果のほどがわからないという特性があります。時間をかけて精査をしたらから、価格が高く見栄えの良いもにしたからといいって、検索上位に表示されません。
  • 中古ドメインだけで上位表示はできません。
  • 検索上位にサイトを表示するために、やるべきことは多々あります。中古ドメインに期待できるのは、新規取得ドメインで作成するよりは、少し強いバックリンクサイトを作ることができるということです。
  • 貴重な時間と資金を無駄にしない、中古ドメインとの付き合い方をしましょう。
  • つまりは本業に集中するということです。上位表示するためのWEBサイト構築に一番力を注いだ時に、収益は最大化されます。
  • 貴重な時間と資金を無駄にしないためにも、中古ドメインの発掘、調査、精査は、弊社にお任せください。それが売上アップにつながっていきます。

ザンワーズが推奨する中古ドメインの利用方法

中古ドメインには、大きくわけて、2つの利用方法があります。
ターゲットサイトに利用するのか、バックリンクサイトに利用するのか、

推奨する利用方法は、バックリンクサイトとしてひとまず活用をスタートすることです。バックリンクサイトとして利用を始めた中古ドメインが、後々、何かしらのキーワードで、良い順位の付きをするようであれば、途中からターゲットサイトとして切り離して運用するのも、良い利用方法です。

ザンワーズが推奨する中古ドメインの利用方法

バックリンクサイトからターゲットサイトに昇格させて利用する流れを、弊社ではオーディション形式と呼んでいます。オーディションを勝ち抜いて来た、ホープを育てるのは良いですが、オーディションも勝ち抜いていない中古ドメインをいきなりターゲットサイトに利用するのは、失敗する事の多い利用方法です。ご注意ください。